• 春の訪れをつげる野菜と

    今日のワイン&ごはん

    空豆とペコリーノのパスタ

    ホクホクとした風味に
    泡がぴったり

    空豆が店頭に並び始めると「春が来たなあ!」とうれしくなる記事担当スタッフです。 いつもはさっと塩ゆでしてすぐに食べてしまっていましたが、 今年は、こちらも春夏にさらに美味しくなるチーズ、ペコリーノと一緒に楽しもうと思います。 ベーコンまたはソシソンを、少しのニンニクで炒めたところに、皮をむいた空豆をいれてソテー、 最後にペコリーノをたっぷりかけて仕上げます。 パスタとあえても、胡椒をふっておつまみとしても最高の組み合わせ。 ホクホクとした豆のやさしい甘さと少しの青さ、チーズの旨み。 それにフレッシュな果実とナッツのようなニュアンスがあるきめ細やかな泡のシャンパーニュを合わせると、いつまでも味わっていたいおいしいマリアージュに。5月末までが旬ですので、ぜひお試しくださいね。
    • ホクホクした空豆と
    • うまみたっぷりのチーズを
    • 春ならではの美味しさをシャンパーニュで

    Insolent Gaston Chiquet

    由緒あるメゾン、"ガストン・シケ"から、一番新しいタイプの「アンソラン」をご紹介します。 軽やかできめ細やかな口当たりと、キリッとしたグレープフルーツのような酸味もあるクラシックなシャンパーニュ。 ゴールドパールのきめ細やかな泡立ちと心地よいフレッシュな酸味の第一印象。 香りは黄色いフルーツがメインで、ビスケット、フレッシュなバターのニュアンス。 シャンパーニュで最高の白亜土質の畑に由来する、ミネラル感たっぷりの味わいを楽しめます。

    産地
    シャンパーニュ
    味わい
    まろやかコク
    品種
    ピノ・ムニエ40% シャルドネ35% ピノ・ノワール25%
    生産者
    ガストン・シケ
    • Insolent Gaston Chiquet / 8,330円(税込)
  • ホクホクとした風味に
    泡がぴったり

    2013年のノーベル賞で提供された由緒あるメゾン
  • 白アスパラガスを茹でてみよう

    今日のワイン&ごはん

    白アスパラ・オランデーズソース

    新鮮な香りと
    ほろ苦さがアクセント

    最近は、スーパーマーケットでも生のホワイトアスパラガスを見かけるようになりました。 以前は缶詰のイメージが強かったのですが、新鮮な生を調理するとまったく別物のようで驚きます。 先日、九州産のグリーンと白のアスパラガスがアソートになっていたので軽く茹でてからソテーしてみました。 サクッとした歯ごたえに新鮮な香り、少しほろ苦い中の甘さが何とも言えずおいしく、 ヨーロッパでホワイトアスパラガスが春の象徴として愛されている理由もわかります。 たまには主役として、ソテーしたアスパラガスにオランデーズソースをかけてテーブルへ。 バターソテーして塩・胡椒だけでもじゅうぶんメイン級のおいしさ。白ワイン、特にシャンパーニュとの相性が抜群です!
  • 新鮮な香りと
    ほろ苦さがアクセント

カテゴリ一覧

価格帯
味わい
タイプ
ヴィンテージ(年代別)
こだわり条件